大学〜留学時代の略歴

■1995年3月 大阪府立千里高等学校 卒業

盲腸で入院中のため、卒業式にでられず・・・。

■1996年4月 同志社大学商学部 入学

1年間の河合塾生活ののち、ハレて大学入学。

在学中は「IAESTE(国際インターンシッププログラムを運営する団体)」で、イベント企画や機関誌を作ったりしてました(PageMakerを覚えた!)。あと、「E-net(英語学習サークル)」を立ち上げたりとか。(授業にはちゃんと出てましたけどね)

IAESTE国際的な学生組織の日本委員会で、ボランティアとして4年間活動しました。来日する外国人研修生と交流できたり、海外のイベントに参加できたりと、国際色豊かな経験ができるのが魅力でした。(その頃から英語に関心があったので。) また、組織を維持するための会費集めとか、理事会・総会とか、そういう社会人チックな経験が出来ることも背伸びしたい盛りの僕のハートをつかんだ理由かも知れません。

E-netは「英語のトレーニングを一緒にやる仲間が欲しいな」と思ってた矢先に、大学生協が外国語コミュニケーション事業の一環で「(そういう)サークル作りませんか?」と呼びかけてたので、一緒に立ち上げました。単に英語のトレーニングができるだけじゃなくて、同じような経緯で立ち上がった他大学のサークルと情報交換や互いのイベントに参加し合って交流があったのが面白いところ。組織を立ち上げてゼロから形を作り上げることができたのも、また背伸びしたい盛りの僕のハートをつかんだ理由かも。

結局、大学生の時はいろいろ背伸びがしたかっただけ?w

■2000年9月 Santa Monica College 入学

大学で専攻した「金融」も面白そうでしたが、銀行や証券会社で定年まで働くこと(学生の時に就職に持ってたイメージはそんな単純なものだったので)にピンと来ず、就職せずに渡米(7月)して2年生大学でGraphic Designを勉強しました。

Webを強く意識してた訳ではなく、(広告宣伝やマーケティングなどのコミュニケーションの中で)コンセプトを視覚化するスキルとしてデザインを勉強したいと思ってました。受けたクラスはスケッチ、色彩、フォントからPhotoshop、Illustrator、QuarkExpress、Dreamweaver、写真、動画編集など。あと日本の専門学校行かなかったのは、英語に興味と必要性を感じてたから、どうせなら留学しよう、と。

渡米中に大統領選挙があったり、911があったり、炭疽菌騒動があったりしましたが、1年半の学生生活と1年のインターンシップ経験を経て、2002年2月に帰国しました。

ちなみにその時住んでいたのは南カリフォルニアのビーチ沿いの街、Santa Monica。とても美しい街です。

ページトップへ