おそば屋さんの迷惑なメニュー(IA的つっこみ)

先日、お昼ご飯を食べに入ったそば屋さんで迷惑なメニューに出くわしました。

上司と二人で入ってメニューを見たところ「大海老天ぷらそば」というのがありました。上司は(海老天以外の具材も入った)普通の天ぷらそばを食べたかったんですが、残念ながらメニューに「天ぷらそば」はなく、仕方なく「大海老天ぷらそば」を注文しました。

ところが運ばれてきたのは、普通の天ぷらそば。

一瞬「?」と思いましたが、なるほど「海老天が大きな天ぷらソバ」ということらしいです。

だから正確には「大海老天 天そば」ということですね。さすがにそれは不恰好だということで、大海老天ぷらそばにしたんでしょう。

結果的に上司は食べたかったものを食べられて良かったのですが、IA的にこのメニューはいかがなものかと思います。

お店としては、「海老が大きいってことを強調するほうが魅力的に見えるだろう」という意図で「大海老天」だけをこのメニュー名にいれたんでしょうけど、我々のように「海老天+そば」と勘違いする人が他にもいると思います。(というか冷静に考えて、海老天が入っていない天ぷらそばの方が少ないと思います。海老はデフォルトで入ってるでしょう?)

とすると、やっぱりこの名前の付け方は不適切だと感じました。

確かに海老天はその他の天ぷら具材よりは高価です。それを強調してお得感を伝えたい気持ちはわかりますが、そのために商品の内容がゆがんで伝わってはメニューの機能を果たしていません。もっと言えば、僕の上司のように「海老天が大きい」ことより「いろんな具材が入っている」ものが食べたい人には迷惑でしかありません。

メニューに「魅力」の要素を加えるのは、内容を正確に伝える表現を満たした後にすべきです。

無理やりウェブの話に結びつけるわけじゃないですが、これってページのタイトルとまったく同じだなと思いました。「魅力」の部分に注力しすぎると「釣り」とか「SEOスパム」になってしまいます。基本はタイトル(から予測されるコンテンツ)と実際のコンテンツの内容に大きなずれがないこと、ですね。

職業がら、変なところで教訓じみたことを考えてしまいました。

#ちなみにこの時、僕は「カツ丼そばセット」を注文しましたが、これはイメージ通りのものが運ばれてきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中