適切な企業カルチャーが育まれるかどうかの鍵は、課題への向き合い方が握る

ポジティブな空気が流れる企業カルチャーを作るためには、この3つのことができている必要がある。

一つは、迅速なフィードバック。四半期に一度の評価レビューを待っているのではダメ。何か課題を感じた際に、それに対して議論し迅速に対応できるか環境か。(略)

二つに、課題が見つかった時は、それについてオープンに話し合うこと(略)

三つに、信頼関係。マイクロマネジメントにならず、相手の考えを尊重して任せられる関係。

引用元: 適切な企業カルチャーが育まれるかどうかの鍵は、課題への向き合い方が握る – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中