MAMPの管理画面でドキュメントルートを1分で変更する方法

ローカル環境で開発するのに、プロジェクトごとにドキュメントルートを持ちたい場合、初心者だったらサブドメインを設定するよりMAMPの設定でドキュメントルートを都度変更する方が早いかも。(僕はMacなのでMAMPですが、WinでXAMPPでも基本的に同じです)

最初はlocalhostにサブドメインを切って、test1.localhost、test2.localhostっていう風にやろうかと思ったけど、調べてみたらApacheのhttpd.confと/etc/hostsの記述を変更するって書いてありました。hostsの変更は管理者権限が必要で(初心者には)なんか物騒だなぁと感じたので、もっと分かりやすい方法ないの?って思ってたら・・・MAMPの管理画面でドキュメントルートを変更すればいいんじゃん、ってことを発見。

手順はいたって簡単で

  1. アプリケーション > MAMP > MAMP.app を開く
  2. 環境設定 > Apache のタブにあるDocument Rootを変更(下図参照)

以上。

MAMPの管理画面でドキュメントルートを変更する箇所

この方法だと、作業するプロジェクトを変更するごとに設定変更&Apache再起動しないといけないけど、それって1分もかからないし、何より分かりやすい。スマートさには欠けても、初心者にはこういうマニュアルなやり方が有り難かったりします。

Google Analyticsで外部リンクのクリック数を目標値として設定する

8月28日〜29日で開発合宿に参加して、「Google Analyticsですこしトリッキーなデータを取得する」という課題に取り組んできました。いくつか取りたいデータを持っていったんですが、最初の1つでドツボにはまって結局それだけで終わってしまいました。

ということで、ほんの少しの成果ですが発表します。

取り組んだのは「ページAを見た人のなかで外部サイトへのリンクBをクリックした数を目標値として設定して、コンバージョン数や率をウォッチする」という設定。Google Analyticsでの話です。

続きを読む

CMS Showdown for NPO in 台湾

ICOS 2009というオープンソースソフトウェアのイベントに併設された「CMS Showdown for NPO」に参加するため、台湾(台北)に行ってきました。

3つのチーム(Plone, Drupal, Joomla!)がNPOのウェブサイトを構築し、その完成度を競うイベントですが、与えられた時間はたったの12時間!

僕は、CMSコミュニケーションズの皆さんと共に「Ploneチーム」の一員として参加させてもらいました。

CMS Showdownは今年のSXSWでやった企画みたいですね。
→The Ultimate Showdown of Content Management System Destiny(リンク先のサイトはなくなってしまった模様)

続きを読む

「Twitterに投稿」機能を追加しました(WordPress用コード)

このブログの記事ページに、読んでいる記事をTwitterに投稿できる機能を追加しました。

WordPress用には「TwitThis」というプラグインも配布されているのですが、そこまでしなくて良いかなと思いコードを直書きしてます。

編集したファイルは「single.php」。本文の後に、「Twitterに投稿」というテキストリンクを配置して、クリックすると記事のタイトルとURLがTwitterに送られます。

続きを読む

WordPressで画像がアップロードできない不具合を修復

先日からこのブログ(WordPress)で画像がアップロードできない不具合が続いていたのですが、やっと修復できました。

原因は分からないままなのですが、同様の症状が出ている人がいるかもしれないので、取った対応を書いておきます。

症状

投稿画面の「メディアを追加」から画像をアップロードすると、「ディレクトリ /*****/blog/wp-content/uploads/2008/12 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?」というエラーが出てしまう。(*****の部分はサーバーのrootからのパス)

その他、細かい状況の補足としては

  • 12月には何枚か写真を上げていて、ある日、突然だめになった。なので、2008/12/というディレクトリは存在していた
  • 当然、書き込み権限は問題ない(はず)。chmod 777にしていた。上位ディレクトリも同様
  • その画像以外でもダメ。画像ファイルは壊れていない様子
  • FTPでアップロードすると上がるので、容量オーバーではない模様
  • PHPはVersion 4.4.8でセーフモードはoffになっています
  • WordPressのバージョンは2.6.2

対処

管理画面で「設定>その他の設定>アップロード」において、「アップロードするファイルの保存場所」にフルパス(/*****/blog/wp-content/uploads)が登録されていましたが、それを「wp-content/uploads」に短縮

WordPressの管理画面でアップロードするファイルの保存場所を変更

以上です。

ちなみにここの設定、デフォルトは wp-content/uploadsだそうなので、何かの拍子にフルパスが登録されてしまい、それが原因だったのかもしれません。(以前、どういう設定にしていたか覚えてないのです)

ちゃんとした原因がわからないままなんですが修復できて良かったです!これのせいで止まっていた「今日のコーヒー」も再会します。

#アドバイスくれた皆さん、ありがとうございます。

Webプロフェッショナルのための黄金則 WordPressテンプレートタグ虎の巻 (Web Designing Books)
エ・ビスコム・テック・ラボ
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 297258

browser.fixup.alternate.enabledの設定はfalseにする

Firefoxには「browser.fixup.alternate.enabled」というのが標準で実装されていて、入力したURLに不備があった場合、自動で推測し補完してくれます。

補完のパターンとしては2種類あって、「www.を補完する」「.comを補完する」になっています。

例を出すと、DNSの設定で「http://www.foo.com/」は登録してあるものの、「http://foo.com/」を登録していない時に、wwwなしのURLにアクセスしても(その場合もちろんサイトは表示されませんが)、勝手に「wwwが必要なんじゃないの?」と推測+補完して、ページを表示してくれる、という機能です。

一見便利そうなこの機能ですが、「これのおかげでドメインの設定を忘れてしまう」ということもあるので、ウェブ関係者に限って言うと危険な機能なのかもしれません。
続きを読む

ブログを携帯表示対応させました by Ktai Style

ブログを携帯用に変換して閲覧できるようにしました。

池田百合子さんが作られたKtai Style (携帯対応プラグイン)を利用させて頂いてます。

これはWordPress用のプラグインですが、とても秀逸でインストールするだけでさまざまな機能が実装されます。以下、配布サイトから機能概要(抜粋)を紹介すると

  • 携帯電話で閲覧すると軽量化したサイト表示を行います。(フロントページのみならず、アーカイブページ、個別エントリーの URI も対象)
  • ページ容量が大きい場合、端末に応じてページ分割を行います (5KB〜50KB ごと)。
  • 要所要所で、携帯電話に応じた絵文字を使用しています (数字・矢印・時計・顔など)。
  • コメントや投稿本文に絵文字が使えます (設定変更が必要)。携帯電話での閲覧時は各社に応じた絵文字に変換し、PC やスマートフォンでの閲覧時はテキストに置換して表示します。
  • 記事中の画像は、縮小してインライン表示するか (サーバー上の画像で 3G 端末等の場合)、画像へのリンクに変換します (それ以外の場合)。サムネールに対して元画像へのリンクを張っている場合、元画像へのリンクも表示します (こちらは 3G 端末でもリンク)。
  • i-mode, EZweb, Yahoo! ケータイ、ディズニー・モバイルの場合、外部サイトへのリンクは中継ページを出します。ウィルコム、イー・モバイル、その他の端末では直接リンクします。

などなど。

というわけで、URLを携帯に送付するか、以下のQRコードからURLを読み込んで、携帯からもご覧下さい。