Podcastで話しきれなかった調査・戦略フェーズの意義

長谷川恭久さんのAutomagic Podcastは僕もしばしば聴かせていただいていますが、なんとこの度、ご縁があって出演させていただくことが出来ました。

Automagic Podcast #198

長谷川さんのPodcastは事前打ち合わせも、シナリオも無しの1発録り。よくこんな難しいコンテンツ作りを長くやってるなぁと感心します。

自分も仕事でお客様に対してプレゼンテーションを行うことは多いのですが、そこでは話す内容も順番もすべて自分次第なので完全にコントロールできます。今回はその真逆だったので、「面白かった」と同時に、流れの都合で話しきれなかったことも多々あり、「難しいなぁ」とも思いました。

話しきれなかったことのうち、大企業でのWebサイトリニューアルにおける「調査・戦略フェーズの意義」について補足したいと思います。Podcastの中で「私がよく関わるプロジェクトの初期フェーズ」と言ってる部分のことです。
続きを読む

最近流行のオウンドメディアを3つに分類してみた

若干いまさら感もありますが、オウンドメディア運営に取り組み始める企業が増えてきましたね。デジタルマーケティング系のニュースでよく取り上げられてもいますし、仕事で企業サイト見てると「あ、こんなとこにもオウンドメディア」って感じで偶然発見することもあります。

例によってB2B企業の事例中心で主観的に分類してみました。一口にオウンドメディアと言っても、大きく3つに分けられるんじゃないかと思ってます。
(1)接点拡大系
(2)接点強化系
(3)広報力強化系
続きを読む

ローカルサイトに対するグローバルサイトか、国内サイトに対するグローバルサイトか。

グローバルサイトの情報収集をしていた時に、世の中には「グローバルサイト」が2種類あることに気づきました。

一言でいうと、ローカル情報を掲載する「国別サイト(=ローカルサイト)」があるかないかでグローバルサイトの位置づけが違っています。

(A) すでに事業をグローバル展開していて既に国別サイトを持っている会社

  • グローバルサイトは国別サイトへの誘導や、全世界共通の情報(会社情報やIR情報など)を掲載するWebサイト。
  • 例:日産自動車。グローバルサイト(http://www.nissan-global.com)とさまざまな国別サイト(米国だとhttp://www.nissanusa.com)があります。

(B) 事業のグローバル化がこれからの会社(日本語サイト+グローバルサイトだけ)

(A)は「ローカルに対するグローバル」という位置づけ、(B)は「ドメスティック(国内)に対するグローバル」ですね。
続きを読む

メディア編集力ってそういうことだったのか?!

第29回WebSig会議(3月3日)とその私的延長戦(4月21日)をやって、自分なりに理解した「メディア編集力ってそういうことだったのか」について書いておきたいと思います。3/3については今更感もありますが、イベントレポートも兼ねて。

クラシコムで実践中のECのメディア化について

第29回WebSig会議(3月3日)では、「北欧、暮らしの道具店」運営する株式会社クラシコムの青木さんに自社での経験にもとづいて「ECのメディア化」について話をしてもらいました。発表スライドの見出しはこんな感じ。
第29回WebSig会議での青木さんのプレゼン内容。「事業紹介とこれまでの実績」「ECのメディア化とは何か?」「なぜECのメディア化が有効なのか?」「いかにメディア化するのか?」「まとめ」

WebSigの公式サイトにレポート(プレゼン資料アリ)がある他、当日のTweetはTogetterにもまとめられているので、内容と雰囲気はそちらでなんとなくつかんで頂くとして、ここでは詳細は省略します。

クラシコムの戦略を分解、再現性を検討する

4/21にやった延長戦(私的勉強会)では、「3/3のプレゼン内容を再整理して理解する」「(同じモデルを別の会社でやるとしたら)どこが転用可能か?転用する時の条件は?ということを検討する」という2点でグループワーク中心の勉強会を行いました。
続きを読む

GE.comの新しいトップページがおもしろい

いつリニューアルしたのか正確には分からないのですが、最近リニューアルされた米国GEのWebサイト(ge.com)のトップページが斬新でした。ちなみに、僕がリニューアルに気づいたのは10月終わりぐらい。

ge.comのスクリーンショット

見てもらえれば分かるんですが、「Moving」「Curing」「Powering」「Building」という4つのテーマでGEの注力(?)事業を紹介しています。そこには、事業を紹介する動画が埋め込まれていたり、”数字で見る事業の特徴”的な紹介があったり、下の方にはこの事業に携わっているGE社員のTweetが紹介されていたりしています。よくトップページで見られるニュースリリース一覧はありませんし、各部門(IRやCSRなど)のグローバルナビにしかありません。

特定のトピックについてトップページで(誘導ではなく)見せる/読ませる構成になっているのが、今まで大きく違う点です。こういうページは製品紹介や事業紹介として第2-3階層にあるページでよく見られると思いますが、それをあえてトップページに持ってきているのが新しいなぁと感じました。
続きを読む

読み終わった本、差し上げます(第2回)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[追記]本企画は終了しました。
ご連絡いただいた皆さんありがとうございます。また、本がたまったらやるかもしれません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

家の本棚が許容量を超えそうなので、読み終わった本(の一部)を差し上げます。タダです。ただし、着払いでの発送になります。欲しい方はご連絡下さい。

条件

  • 当たり前ですが各1点づつしかないので、早い者勝ちです
  • 中古で買った本、新品で買った本があります
  • 僕は本文中に線を引いたり、ドックイヤーにしたりしないのですが、それなりに古くなっている部分はご了承ください
  • 日中は仕事してるので、即日発送とかは無理だと思います。遅くとも連絡をもらった日の週末までには発送するつもりです
  • (いないと思いますが)全部引き取る→ブックオフでさばく、なんてことは止めてください。1人5冊までぐらいを目安にお願いします

続きを読む

Facebookがよく出来てると思う理由

先月、Facebookインパクトを読んだこともあって、一歩引いた目でFacebookを観察してたんですが、改めて「良く出来たサイトだな」と思いました。

要は、Internetは広いし色んなサービスがあるけど、「知り合いとつながる」っていう部分に関してはFacebookだけ使ってればOKだよね、っていう仕組みを作り上げてる所がすごいな、と思いました。

続きを読む

Web担にも2種類ある

いわゆる「Web担当者」になってもう1年になりますが自己紹介をすると、たまに業務内容を勘違いされます。「Web担当者」にも実は2種類あって、知ってる人は区別してるけど、意外と十把一絡げにされることも多いです。

たぶんほとんどの文脈で「Web担当者」というと「企業内でWebサイトを運営する人(ここでは”Webマスター”)」のことを指してると思います。ただ、まれに自分自身ではWebサイトの運営はせずに、「社内の部署ごと、企業グループの各社で運営しているWebサイト全体の管理をおこなう人(ここでは”Webガバナンス担当”)」もいます。僕は後者の仕事をしています。
続きを読む

そこに客がいるからさ(なぜソーシャルメディアでPRするのか?への回答)

DIALOGHOUSE6というソーシャル系の勉強会(?)に参加してきたんですが、そこで客席から投げ込まれた質問が面白かったので、自分でも考えてみました。(会は「PR×ソーシャルメディア:これから5年間のビジョン」というタイトルでしたが、PRの部分が少なめだったのが残念でした。)

プレゼンの後で会場から「(特徴と同時に、PRの場として)なぜソーシャルメディアを選ぶのかという部分が抜けてるのでは?」と指摘が入りました。企業にとってはそこ、とても大事です。

尚、当日は「ソーシャルメディア」という言葉が使われていましたが、思うところがあるので以下の文章では「Web」という言葉に置き換えています。(これについては長くなるので別のエントリーで)
続きを読む

B2B企業サイト勉強会、キックオフしました

先日のエントリーで告知した「B2B企業サイト勉強会」の第1回目が無事、終了しました。

当日はW杯の日本 vs オランダの試合を夜に控えていたり、空模様も怪しかったりしたので、申し込んだ人が来なかったらどうしよう?と結構ドキドキしてましたが、ふたを開けてみると参加率の非常に高いイベントになりました。(でも実はその10倍ぐらい、人前でちゃんとプレゼン出来るか?とか、そもそも資料作り間に合うのか?とかの方で緊張して、久しぶりに食欲をなくしてたってのはココだけの話ですw)
続きを読む